人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.10

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと

■連載/ペットゥモロー通信

留守番は安全第一!愛犬を危険から守るために取り入れたい3つのこと

留守番をしていて、誤飲や誤食、ケガなどをしてしまい、動物病院のお世話になる犬は少なくありません。留守番中の危険から愛犬を守れる方法について、考えてみましょう。

仕事や買い物などで、愛犬を留守番させることがあると思います。「大丈夫だろう」という気持ちから、特に何の対策もせずに愛犬に留守番をさせて帰宅したところ、あまりの部屋の散らかりように驚いた、という飼い主さんもいるのではないでしょうか。

犬の年齢やそれぞれの性格にもよりますが、思いがけない行動をすることが多々あります。飼い主さんが近くにいて行動を見ていれば制御も可能ですが、留守番中はそうはいきません。愛犬を危険から守るために、留守番のさせ方について見直してみましょう。

1.ケージの置き場所を考える

犬を部屋の中で自由にさせての留守番は、室内にある物に手が届くため、危険度が増します。いたずらを予防するには、犬の行動を制限する必要があるのです。

愛犬が元気いっぱいという場合には、ケージに入れて留守番させてはいかがでしょうか。ケージは、ベッドとトイレ、水飲み場があり、更にフリースペースがあるものを選びましょう。ケージの置き場所ですが、窓の側はNGです。人や車の通りが気になりますし、防災対策の面から見てもおすすめできません。

リビングの中で、周囲に危険なものがなく、直射日光が当たらない、犬が安心して1日を過ごせる場所に設置してください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ