人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.27

夏休みに行きたいハワイの超おすすめオプショナルツアー3選

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

ハワイを訪れている日本人観光客は年間約150万人。個人で航空券とホテルをそれぞれ予約する個人旅行者も増えているが、旅行会社が企画・実施する飛行機・ホテル・送迎・観光ななどがセットになったパッケージツアーに参加する人も多い。

そんな、パッケージツアーの魅力の1つに充実したオプショナルツアーがある。その中で全世代におすすめのオプショナルツアーをANAセールスの人に教えてもらい、実際に参加してみた。参加して感じたことは、個人旅行中心にハワイを何度も訪れていた筆者自身が、今まで知らなかったハワイを垣間見ることができたが、そのあたりを含めてレポートする。

まずは到着した夜に参加したのが「スリースター サンセットディナー&クルーズ」。夕方に出航する船に乗船し、サンセットを船から食事をしながら堪能できる約2時間のクルーズ。送迎や食事を含めて大人163USドル、子供104USドルとなっている。16時頃にホテルを出発して桟橋へ移動し、17時半に1500人が乗船できる「スター・オブ・ホノルル号」が出航した。ドリンクもウエルカムスパークリングワイン1杯とプレミアムドリンク2杯が含まれており、オリジナルトロピカルドリンクが人気とのことで早速注文し、スパークリングワインと共に楽しんだ。


「スリースター サンセットディナー&クルーズ」の乗船口


オリジナルトロピカルドリンクはハワイらしい

出航後、早速フラダンスのステージと共に食事が出てくる流れになっている。前菜を食べているうちに、ダイヤモンドヘッドやワイキキビーチ、そしてワイキキビーチ沿いに立ち並ぶリゾートホテルが船から眺めることができた。ハワイに何度も訪れている筆者でも、海側からワイキキを見たのは初めてで、個人旅行ではなかなか訪れることのなかった光景が目の前に広がっていた。そして、サンセットの時間となり、ワイキキビーチとは逆の太平洋上の地平線に落ちる太陽は幻想的であり、日常の忙しさを忘れさせてくれる。このサンセットだけでもこの船に乗る価値は十分にあった。ワイキキでのサンセットの時間は、月によって異なるが、7月は1年で最も遅い19時17分頃、8月は19時3分頃になる。冬は日没も早く、11月・12月は17時50分前後となる。サンセットを楽しんだ後はメインディッシュ。メインはロブスター、更にテンダーロインステーキが振る舞われた。その後はショータイム「マイハワイ」ショーがスタートして南国ムードを盛り上げる。入港直前には音楽に合わせ、みんなで輪になって踊るなど大盛り上がりのうちに、あっという間の2時間のディナークルーズが終わった。金曜日に乗船すれば、ヒルトン・ハワイアンビレッジから打ち上げられる花火も船から見ることができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ