人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.27

旅先や帰省先の土産をひと手間で小粋に見せる紙小物5選

日本最大の文具・紙製品の展示会「ISOT(第28回国際文具・紙製品展)」が、7月5日〜7日に東京ビッグサイトで開催されました。新商品からユニークなものまで数多くのアイテムが並ぶ中から、夏休みシーズンの職場でよくある「旅先・帰省先のお土産を渡す」場面で使える紙モノを5つピックアップして紹介します。いずれも、たったひと手間“○○するだけ”で、お土産をちょっと小粋に見せられる個性的な紙モノたちですよ。

<貼るだけ その1>個包装のお菓子に気持ちを添える「こ土産シール」

職場に配る旅行や帰省のお土産としてよく選ぶのは、個包装されたお菓子ではないでしょうか。夏休み明けのようにいくつものお土産が集中する時期、ただ机にお土産を置いただけだと誰からどのお土産をもらったのか分からなくなることも。

そうならないために、「こ土産シール」を自分のお土産の目印代わりに貼ってみては。あらかじめ一言メッセージも書き添えてあるので、貼るだけで程よく気の利いたお土産に見せることもできます。自分からのお土産だとはっきり分かるようにしたい場合は、シールの余白に印鑑を押したりペンで書き加えたりしてもいいですね。

こ土産シール
仕様:18片(+小シール10片)入
価格:240円
メーカー:フィリーズギャラリー
発売時期:7月下旬(予定)

<貼るだけ その2>自分の代わりに全身でお土産アピール!?「ワタク紙ふせん」

ピクトグラムでよく見るシルエットの人をかたどったふせん。裏面の膝下にあたる部分だけにのりがついているので、まるで小人がその場にいるように、ふせんを立たせたり座らせたりした状態で貼ることができます。

腕を折り曲げて挨拶させたり、表情やメッセージを書き込んだりしてお土産の上に貼れば、いくつも並ぶお土産の中でもパッと目をひくはず。ふせんの色はオーソドックスなので、男女問わず使いやすいのでは。同僚や後輩宛の伝言メモにとして使うのも良さそうです。

ワタク紙ふせん
仕様:2種×15枚入
価格:350円
メーカー:山越
発売時期:発売中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ