人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.27

ジャガーがINGENIUMディーゼルエンジンもラインアップした新型コンパクトSUV『E-PACE』を発表

ジャガーは、新たにラインアップに追加する新型コンパクト・パフォーマンスSUV『E-PACE』のワールドプレミアを実施。その中で、らせん状に270度回転しながら15.3mものロングジャンプをする「barrel roll(バレルロール)」を成功させ、ギネス世界記録を併せて樹立した。

同社ではこれまで極限の耐久性を持ち、ジャガーのブランド精神である「ART OF PERFORMANCE」を体現するために、4大陸で25か月にわたる「E-PACE」の過酷な走行テストを行なってきたが、今回がその最終テストの場となった。そして、この「barrel roll」を成功させたことで、改めて『E-PACE』の敏捷性、正確性、およびパフォーマンスの高さが実証されたといえる。

『E-PACE』のギネス世界記録樹立はロンドン市内のイベント会場「ExCeL」で行われた。ここは15.3mの「barrel roll」ジャンプを成功させるために欠かせない160mの踏み切り台と着地台を設置できるほどの広さを持つ、イギリスでも数少ない会場のひとつだ。

運転を担当したのは、ベテランのスタント・ドライバー、テリー・グラント氏。彼は数多くの映画でスタント走行をしており、これまでに23個という驚くべき数のギネス世界記録を保持している。
グラント氏は今回の挑戦について、次のように述べている。
「私の知る限り、実際にbarrel rollを完全に成功させたプロダクションカーはこれまで1台もありません。だからこそ、自分の手でそれを成し遂げたいという思いを幼い頃からいつも抱いてきました。前代未聞のループ・コースで『F-PACE』を走らせた後に、「E-PACE」でよりいっそうドラマチックでダイナミックな偉業を成し遂げ、『PACE』ファミリーの新たな章の始まりに携わることができたのは、私にとっても素晴らしい体験でした。
barrel rollは、気軽にいつでも試せるような走行ではありません。正確な踏み切り速度など、数か月にもおよぶテストと分析を行ない、詳細を詰めていきました。ジャンプを実施する前に毎回CADを用いて斜面を綿密にモデル化して挑んでいました」

■チャレンジの様子は動画でチェック

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ