人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.27

パナソニックがヨコ+タテのW音波振動を搭載した音波振動ハブラシ『ドルツ』の新製品を発売

パナソニックは新開発の「W(ダブル)音波振動」により、高い歯垢除去力を実現した音波振動ハブラシ『ドルツ EW-DP51』を9月1日より発売を開始する。価格はオープン価格。

ドルツ EW-DP51

厚生労働省の「平成28年歯科疾患実態調査」によると、歯周病と分類される4mm以上の歯周ポケットを持つ人は35~44歳で42.6%、45~54歳で49.5%となり、約半数近くが歯周病に罹患していた。そんな歯周病の原因の一つが歯と歯ぐきの境目についた歯垢だ。歯垢が上手に取り除けていないと、歯垢内の細菌の排出する毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、歯周ポケットが深くなっていく。歯周ポケットに汚れがたまると、ポケット内の細菌はさらに力を強めてしまう。

ドルツ EW-DP51

そこで『ドルツ EW-DP51』ではモーターを1つ追加して2つ搭載。従来のヨコ振動にタタキ振動を加えた独自技術「W音波振動」を新たに採用した。その機能としては、まずヨコ振動が、手磨きではできない毎分約3万1000ブラシストロークで歯周ポケットにひそむ歯周病の原因菌をかき出す。そして新たに生まれたタタキ振動は、毎分約1万2000ブラシストロークによって歯間部の汚れに立体的にアプローチし、歯垢を強力に除去していく。

ドルツ EW-DP51

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ