人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.26

猛暑と熱帯夜を涼やかに乗り切る衣類選びのコツ

気温が上昇すると、ちょっと動いただけで汗だくになる。通勤途中や外回り後のワイシャツやスラックスが汗じみになり、悲惨なことになるケースも。ビジネスパーソンにとっては衣類選びも勝負になる。そこで、猛暑を乗り切るための衣類の生地選びのコツや一工夫を専門家に聞いた。

■猛暑を乗り切るワイシャツ素材

ビジネス向けのワイシャツで、猛暑を最も涼しく乗り切れる素材とはどのようなものなのだろうか。パーソナルスタイリストの五十嵐かほるさんによれば、夏は基本的に天然素材を身につけるといいそうだ。

●麻(リネン)

吸水性・発散性があるので、さらりとしていて気持ちがいい。

●綿(コットン)

通気性がよいだけでなく、皮膚を清潔に保つ効果も。

●絹(シルク)

保湿性、吸水性に優れているため、夏は汗を吸い取ってくれるのでサラサラで快適。

「化学繊維は通気性、吸水性が悪いものが多く、汗が皮膚に残りやすくなります。ニオイのもとにもなりますので、ビジネスパーソンのワイシャツなどには、できるだけ通気性・吸水性のいい天然素材がおすすめです。一般的には綿、麻、綿麻の混紡などが主流。とくに麻の通気性の良さという長所と、シワになりやすいという短所を、綿を混ぜることでカバーする綿麻のシャツがおすすめです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ