人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.26

〝自分だけのデザイン〟が楽しめる雑貨5選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

「自分だけの」とはなかなかいい響きではないだろうか?人よりも目立ちすぎるのを嫌う(と言われる)日本人であっても、他人と全く同じように見られてもいいとは思っていないし、自分なりの個性が活かせたらと機会を伺っている人は多いのではないかと思う。そんな人に朗報だ。今回紹介する雑貨たちは、いずれも自分だけのデザインが楽しめる雑貨たちである。他人と同じものは2つとないデザインで外に出かけてもらいたい。

■花に対する美的センスが試されるリング

 

『Ikebana Ring』は名前が示す通り、本物の草花を活けてデザインしていく指輪である。本体はごくシンプルなシルバーリングなので、自分で見つけた草花を挿して彩りを加えていく。どんなリングにしようか、そう考えて外を歩くことで、今まで気づかなかった植物に気づくという副産物もある気がする。また、期限のある植物を使うことは、今あるデザインに対するリスペクトを生むことにもなるだろう。オープンタイプのリングのためサイズ指定はなく、自由に調節できるとのことだ。価格は税抜き8,500円、「Generate Design」のオンラインストアから購入することができる。

■自分の好きなもので自分を纏うジュエリーたち

 

 

こちらも、元々のコンセプトは庭先の花を摘んでアクセサリーとするところから始まっているらしい。しかし製品化された『pick a jewel』の場合はもっと自由で必ずしも纏うものは植物でなくても構わない。纏うものは和紙であっても良いだろうし、貝殻でも良いかもしれない。とにかくその人の人となりを表すものならなんでもOKだと思うのだ。なお、『pick a jewel』には3つのラインナップがあり、イヤリングタイプ、ペンダントタイプ、ブローチタイプが用意されているので、イヤリングを着けない人なら他の2タイプを選べば良いだろう。価格は税抜きそれぞれ3,200円、3,000円、2,600円、「novelax store onnline」のオンラインストアから購入することができる。

余談だが、現在国立西洋美術館で開催されている企画展「アルチンボルド展」では彼の自画像を鑑賞することが出来るのだが、その自画像、丸めた紙で人の顔が組み上がったように描かれている。彼にとって、画家である自分の人となりを表すのは紙であった、ということらしい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ