人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

先進運転支援システム「ホンダセンシング」を採用したホンダ新型『フィット』の乗り心地をチェック

2017.07.26

ホンダ車の多くは操縦安定性を重視するため、乗り心地が硬いクルマが多いとされる。ミニバンがそうであり、マイナーチェンジ前のフィットもしかり。これまで、フィットのセンタータンクレイアウトによるパッケージング、室内の驚異的な広さ、シートアレンジ性の良さを理解しつつも、乗り心地で一歩引いていた人も、この新型フィットなら乗り心地、静粛性、快適性、操縦安定性のバランスは見事で、リフレッシュされ洗練された内外装、ホンダセンシングによる先進安全運転支援機能とともに、満足度は極めて高いと断言したい。


高めの着座姿勢で運転しやすい


クラスを超えた広さの後席

ホンダアクセスの純正アクセサリーによって、クロスオーバーSUV風にアレンジできるようになった点にも注目したい。


クロスオーバー風にもドレスアップ可能


アクティブなサイドビュー

直後にトヨタ・ヴィッツHVにも試乗したが、内装デザイン、乗り心地などの部分の洗練度、パッケージング、ACCの有無などで新型フィットにかなわないことも確認している。

もう一度言いますが、高速走行、ロングドライブ、渋滞時にペダルから両足が開放されるACC装備のフィットクラスの国産コンパクトカーは今のところフィット(ホンダセンシング)だけ。ゆえに買うべきはHV、ガソリン車を問わず、安心のサイド&カーテンバッグまで備わるホンダセンシンググレードです!


低さが強調される新しいフロントフェイス HV-S

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。