人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダが第3世代のハイブリッドシステムを搭載した北米向けの新型『Accord』を発表

2017.07.25

パワートレインはパワートレインでは2種類の直噴ターボエンジンを採用したガソリン車と、第三世代のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をラインアップ。
最高出力192hpを発生する1.5L直噴ターボエンジンと、CVTとの組み合わせにより、従来モデルの2.4L自然吸気エンジンに比べて出力を向上しながら燃費性能の向上も実現。また、独自開発の10速オートマチックトランスミッションと組み合わせられる2.0L直噴ターボエンジンは、従来モデルのV6 3.5Lエンジンと同等の発進加速性能を実現しながら、こちらも燃費性能を向上させている。1.5L、2.0LともSport(スポーツ)グレードに6速マニュアルトランスミッションを用意。一方、ハイブリッドシステムは、よりコンパクトになったインテリジェント・パワー・ユニット(IPU)を後席フロア下に搭載することで、ガソリン車と変わらないトランクスペースと6:4の後席分割可倒を達成している。

2018 Honda Accord Touring

安全運転支援システムでは、渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)、標識認識機能などを含む、先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを全グレードに標準装備した。

このほかにも、世代ACEボディーと超高張力鋼板・高機能接着剤の適用拡大等でより高い静粛性・ボディー剛性・軽量化を実現。可変ギアレシオ付きデュアルピニオンEPSを新たに採用し、応答性能・ライントレース性能を向上させたことで、高バランスのステアフィールも確保している。さらに「アコード」で初採用のアダプティブダンパーシステムにより、1ランク上の乗り心地と安定感あるハンドリングを両立させた。

2.0L直噴ターボエンジンには「Sport」・「Normal」のモードを持つTwo-Mode Driving Systemを採用。Sportモードではダンパー・ステアリング・オートマチックトランスミッション・スロットルなどを制御し、よりスポーティーで軽快なドライビングをドライバーに提供していく。

上級グレード/スポーツグレードにはスポーティーな外観としなやかな乗り心地を両立する19インチタイヤを採用している。

2018 Honda Accord Touring

関連情報

http://www.honda.co.jp

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。