人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.25

今年上半期にソーシャルメディアでヒットしたもの

2017年、早くも半分が終わろうとしているが、この上半期を振り返ると、世間を賑わせたヒットが多く生まれた。イマツイは、Twitter全量データを解析し、2017年上半期のソーシャルトレンドを調査。イマツイ的「上半期ソーシャルヒット番付」を発表した。さらに、下半期に向け、盛り上がりが期待される注目のトレンドを予測した。

■2017年の消費トレンドは、「モノからコトへ」の流れが定着

「エンタメ部門」部門の横綱(話題量トップ)は、あの「美女と野獣」に4倍の差をつけ『けものフレンズ』、「プロダクト・サービス部門」の横綱は「IQOSグッズ」となった。比較すると、エンタメ部門の話題量が圧倒的に多いことから、「モノからコトへ」という消費トレンドが定着していることを読み取ることができる。

エンタメ部門の横綱は、独自の作風で話題を呼んだ「けものフレンズ」。その盛り上がりは、大関(話題量2番目)の「美女と野獣」を4倍以上の大差で引き離し、驚異の約350万ツイートとなった。続いて、目を引くのは韓国のアイドルユニット「TWICE」で、2月の新アルバムリリース時にファンの喜びの声で話題が急騰した模様。また、ゲーム関連では、大人気の「FINAL FANTASY」も見事、番付に入った。

横綱に輝いたのは、加熱式たばこでおなじみ「IQOSグッズ」だった。3月頭の新型IQOS 2.4 Plus発売による話題の盛り上がりもあり、堂々の30万ツイート超えとなっている。続いて、大関となったのは、どこか懐かしさのある「ボードゲーム」、さらに「甘酒」と続きます。「ボードゲーム」のツイート内容を紐解くと、人狼、CATAN、ドラスレ、ドミニオンなどが人気のようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。