人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.25

読書の夏だからこそ、英文で挑戦したい超大作ファンタジー小説5選

1

そろそろ夏休みですが、外で遊ぶだけが夏休みではありません。

涼しい室内でゆったりと過ごすのも、長期休みの醍醐味だったりもしますよね。

それと同時に普段は読みたくても読めない大作の小説を読み終えるチャンスでもあります。

今回は、夏休みに一気に読みたい超大作ファンタジーを5つ厳選してお届けします。

そして、せっかく時間があるのですから、ぜひ英文で挑戦してみましょう!

ある程度ストーリーを知っている作品なら思った以上にすんなり頭に入ってくると思います。

■指輪物語――J・R・R・トールキン

指輪物語――J・R・R・トールキン
Amazon.com

もはや説明不要の超大作ファンタジー『指輪物語』(The Lord of the Rings)

1955年に全ての出版が終えるや否や、瞬く間に人気を博し、数多くの言語に翻訳されました。映画、ゲームなどの異なるメディアへの影響はもとより、現代普及するファンタジー小説の多くが『指輪物語』から多大な影響を受けています。

綿密に作り込まれた世界と個性豊かな登場人物たちの織り成す指輪を巡る旅は、高級なファンタジーの世界にあなたを連れて行ってくれます。映画だけで知っている方は、原作内の表現や世界観の深さに驚いてしまうかもしれません。

■ダーク・タワー――スティーブン・キング

ダーク・タワー――スティーヴン・キング
Amazon.com

続いては、アメリカ合衆国を代表する小説家スティーブン・キングの『ダーク・タワー』(The Dark Tower)

自らライクワークと位置付ける本作品は、(西部劇を彷彿とさせる)荒廃した世界を舞台に、「最後のガンスリンガー」であるローランドが暗黒の塔を探す物語です。

個性あふれる旅の仲間とローランドとのやりとりも楽しいですが、過去のスティーブン・キング作品の登場人物や設定が再登場する点でもファンを大いに喜ばせます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。