人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超簡単!おいしいイタリアンサルメを見極める方法

2017.07.24

一目でおいしいイタリアン“サルメ”を見極める方法

まず、なぜ“サルメ”と書いたのか。

これはイタリア語でSalumeと表記され、ハム、サラミ、パンチェッタ、ソーセージなどに代表される「加熱/非加熱の加工肉食品」の総称です。

サラミと似ていて混同されるからなのか、日本にこの名称はあまり浸透していませんが、主にイタリア製の加工肉食品を指す便利な総称なので、ぜひ覚えておきましょう。

ちなみに、色々な種類をいっぺんに指す場合はSalumi(サルミ)となります。

■最高品質のサルメを示すDOPとIGP

食の安全性への関心の高まりや、国際化による食品貿易の加速を受けて、イタリアンサルメの伝統を守る動きも活発化しています。

サルメに付けられるDOPやIGPという表記もその活動のうちのひとつで、伝統及び最高品質を保証する目印ともみなされています。いわば、品質管理と産品保護が目的です。

DOP

DOPはDenominazione di origine protettaの略で、「保護原産地呼称」と訳されるEU統一の呼称・ラベル表記で、主にチーズ・ワイン・バルサミコ酢その他農産物に対して適用され、イタリア産のサルメもその対象です。このラベル表記のある食品は、「原産地を食品名に使用しても良い」と認可されたものです(原産地の登録自体も事前に認可されている必要があり、なんのいわれもない地域の無名の製品にDOPを与えることは出来ません)。

例えば、イタリア北部のパルマで生産されるプロシュット・ディ・パルマもこのDOP表記があります。ですので、万が一DOP表記なしに“パルマ”という名称を使ったプロシュットを見かけた場合、いわゆる最も有名なプロシュット・ディ・パルマではない可能性が高いです。

IGP

IGPはIndicazione geografica protettaの略で、「地理的表示保護」と訳されるでしょうか。DOPに似ていますが、「特定の地域に評判や性格を負う製品の、製造の少なくとも一部分がその地域で行われている」ことがIGP取得の最低条件で、DOPよりは比較的緩い基準です。

DOPとIGP表記を許可されたイタリアンサルメは、2016年7月現在合計41あります。

おいしいイタリアンサルメを探すには、このDOPやIGPを目安に探してみるのも1つの手かもしれません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。