人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.23

消しゴムの定番『MONO』から18個入りのまとめ買いパック『MONO box』が登場

トンボ鉛筆は、『MONO』消しゴムを保管に便利な引き出し型の紙製ボックスに収めた、18個入りまとめ買いパックを『MONO box』を7月20日より発売を開始する。メーカー希望小売価格は1166円(税込)。

『MONO box』は、『MONO』消しゴムの青白黒のデザインをそのまま大きくしたボックスが特徴だ。元来、『MONO』消しゴムの販売形態はバラ(単品)売りの他に、2個、5個、10個をまとめたパック(PE-01A の場合)がある。これらの売れ行きが好調なうえ、「ずっと使うものだからもっと大量にまとめ買いしたい」との要望もあり、容量が多く保管に便利な工夫をした18個入りボックスの登場となったという。MONO柄のボックスに収納することで銘柄と用途がわかりやすくなり、備品の保管も便利になるはず。同社では、「これを機会にプレゼント品や景品としても『MONO』消しゴムの利活用が拡大することを目指します」とコメントしている。

 

ちなみに『MONO box』のパッケージデザインは、MONO消しゴムをそのまま大きくした青白黒のMONOストライプを採用。表面面積は消しゴム(PE-01A)の約10倍になる。普段使っているMONO消しゴムが、予想外の大きさで出現することによって、驚きや関心を呼び起こす一種のトリック効果も狙いの一つだ。

また、スリーブ(紙ケース)の青白黒のMONOストライプは発売以来、踏襲してきたデザイン。新しいタイプの商標の保護制度において第一号「色彩のみからなる商標」として登録され(2017 年3 月10 日)、青白黒の3色柄が出所表示機能や品質保証機能を有する商標として認定された。

関連情報

http://www.tombow.com

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ