人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.21

リーボックが名作ランニングシューズの歴史を現代に受け継いだ『ZOKU RUNNER』の新作を発売

グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボックは、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン「Reebok CLASSIC」において、2017年春夏シーズンにデビューし、リーボックの歴史を彩った名作ランニングシューズのヘリテージを現代に受け継いだ話題のモデル『ZOKU RUNNER』の新作ラインアップの発売を開始した。2017年秋冬シーズンでは、ヴィヴィットなカラーから落ち着いたダークカラーまでバリエーションもさらに豊富になっている。

ZOKU RUNNER ULTK IS 1万6000円(税別・自店販売価格)

リーボックは1895年にイングランド中部の小都市ボルトンに住む一人のランナー、ジョセフ・ウイリアム・フォスターがより早く走るために釘をシューズの底に打ち付け、自作のスパイクシューズを作り出すところから始まった。その後、1970年代後半からアメリカへと進出。それ以降数々の名作ランニングシューズを世に送り出している。

『ZOKU RUNNER』は、そのリーボックのランニングシューズの歴史を現代のファッションシーンに受け継いだユニークなモデルだ。1979年に発売された『AZTEC』のサイドに施されたベクターマーク、1983年発売の『CLASSIC LEATHE』のサイドにデザインされたブランドロゴパネル、さらに、1991年発売の『PUMP RUNNING DUAL』のヒールケージといったブランドの伝統的なエレメントを継承した一足になっている。

また、ユニークなデザインに加え厳選されたアッパー素材やサイドパーツ、そして、リーボックを代表するクッショニングテクノロジー「DMX」の名を冠した軽量性・クッショニングに優れたアウトソール「DMX FOAM」が快適な履き心地を生み出す。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ