人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.19

みんなが熱中症予防でやっていることTOP5

熱中症は8月の日中の最高気温が高くなった日だけではなく、7月の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも注意が必要だ。というのも、この時期は身体がまだ暑さに慣れて、上手に汗をかくことができないため。その結果、体温を調節できず、熱中症になる人が多くなるという。


総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングでは、全国の熱中症を知っている20歳~79歳の男女1200人を対象に、そんな「熱中症」をテーマにした独自調査を実施。その回答状況と、それに基づく分析結果を公開した。

Q1. あなたは、これまでに熱中症になったことがありますか。

まず、熱中症の経験の有無を聞いたところ、全体で「医師に熱中症と診断されたことがある」4.3%、「熱中症と思われる症状になったことがある」25.2%と合計29.5%に熱中症経験があることがわかった。年代で比較をすると、20代の合計43.0%が最も多い結果に。若いからといって、熱中症になりづらいということはないようだ。


Q2. あなたは、熱中症、もしくは熱中症と思われる症状に、これまで何回くらいなったことがありますか。

熱中症、もしくは熱中症と思われる症状になったことがあると回答した人に対し、その回数を聞いたところ、最も多い回答は「2~3回」で46.3%だった。「1回」と回答した人は39.8%のみとなり、熱中症経験者のうち約6割もの方に複数回経験があることが判明した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ