人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.19

なぜ、岡田結美が「納豆クイーン」なのか?

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

行くと緊張する街がある。僕の場合は代官山と銀座で、この街はなんだか居心地が悪い。その逆は、新宿と神保町あたりか。

7月4日、僕は銀座にある時事通信ホールにいた。12時から行われる「納豆クイーン表彰式」を見るためである。

納豆クイーン・・・。

日常的に使用されているが如く書いたが、僕も編集H氏のメールで初対面した言葉。納豆クイーンとは、納豆に深い愛情を持ち、納豆の発展に貢献し、今後も粘り強く納豆を食べてくれる人に送られる称号である。歴代の受賞者を見て驚き。まぁ豪華なのである。

02年初代クイーンは菊川怜、04年に上戸彩、05年はキングとして谷原章介、07年には僕が大好きな眞鍋かをり。近年だと、15年に吉田羊、16年は松岡茉優と来ている。過去の受賞者のなかには、今では名前を聞かないタレントも数名いる。しかし、浮き沈みが激しい芸能界で、このセレクトは大したもの。納豆クイーンに選ばれるだけあって、粘り強く業界をサバイブしている粒揃いのタレント陣。

話を時事通信ホールへ戻す。受付で名刺を渡し、資料をもらい席へ着く。イベントまで時間があったので資料を読み、色々なことを知る。

まず、このイベント主催しているのは全国納豆協同組合連合会であること。非常に長い名前、略した場合は「全納豆連」もしくは「全納豆会」となるのだろうか。

答えは2ページに書いてあった「納豆連」らしい。また、7月10日は94年から「納豆の日」と制定。この度のイベントも納豆記念日を祝して開催されたそう。

2つの雑学を手にいれた頃合いに12時となり、イベントが幕を開く。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。