小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あの頃これが欲しかった!子供でもカンタンに電子回路を作って楽しめる元祖知育玩具『電子ブロック』

2017.07.19

その後、趣味や学業、研究による電子工作は、一般社会にも広く浸透して行ったのですが、ひとつ問題が有りました。

「電子工作」を行う為に、部品を集め、電子基板に回路を作って、抵抗器(電流の制限や分圧を行う電子部品)やコンデンサ(電荷を放出入する受動素子)といった部品を、半田ハンダ鉛とスズの合金で一度固定をしてしまったら、また新しい回路を作りたくなったり、大幅な改良をしたくなった場合、基本作り直しになります。

部品を再購入するのが勿体ないので、一旦付けた半田を剥がして、部品を取り出す事も出来なくは有りませんが、かなり面倒です。

学業や研究によって行われる電子工作は、数多くの電子回路を自分で考えて作ってみて、試してみる事が最も大切です。その際、出来れば少ない労力で、沢山の研究成果を得たい所です。

「カンタンに電子部品を入れ替えるだけで、沢山たくさんの回路の実験を試せる事が出来る、そんな都合の良い実習用教材は無いかなぁ」

…実は有りました。

時は昔、1976年…。子供でもカンタンに電子回路を作って楽しめるエレクトロ知育玩具「電子ブロック」が発売されたのです


https://image.middle-edge.jp/medium/4850ec4c790846a44360996377ef15e2.jpg?1469162643

「電子ブロック」は、プラスチック製のブロックの中に、トランジスタ、抵抗器、コンデンサ、コイル、などの、様々な電子回路や素子を封入して、実験用ブロック基板上に配列していくことで、ブロック内蔵の導電スプリングを通じて電流が流れ、電子回路があっという間に完成する、画期的なシステムです。


http://www.denshiblock.co.jp/whatdbk.html

また、抵抗値やコンデンサーなどの値を後から設定・変更するのも、電子ブロックであれば実にカンタン。

目的の素子のブロックを基板から抜き出して、差し替えるだけでOKです。

また、電子ブロック素子を接続出来る実験パネルは、上下左右に、無限連結出来る様になっています。これは便利。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。