人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.18

タカラトミーが感情を1000以上のパターンで表現するAIロボット『COZMO』を発売

タカラトミーは、感情表現豊かな小型AIロボット『COZMO(コズモ)』を9月23日より全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで発売を開始する。希望小売価格は2万6980円(税別)。

COZMO

『COZMO』はAI (人工知能)が搭載されており、その場の環境を見て自分で状況を判断し、感情を豊かに表現できる小型ロボットだ。「アニメや映画に出てくるかわいいロボットキャラクターを現実世界で作りたい」という思いのもと、誕生。まるでパーソナリティー(人格)を持っているかのように、喜怒哀楽などの感情を、しぐさや声、表情、動きを組み合わせた1000を超えるパターンで表現し、人と自然なコミュニケーションを取ることができる。 『COZMO』は2016年10月に米国で「Anki(アンキ社)」より発売され、クリスマス商戦期において高価格帯玩具($75以上)の中で、2番目に売れた商品となった(NPDデータによる)。さらに、「Anki(アンキ社)」(米国)で「イノベイティブトイオブザイヤー」のファイナリストにもノミネートされるなど注目を集め、今秋、待望の日本発売となる。

COZMO

人間味あふれるCOZMOを創り出している4つの要素

1)VISION&SENSING/外界の認知と感知
人の顔や物を認識。また、自分の動きや傾きを感知することもできる。
2)ANIMATRONICS/
まるで映画のキャラクターのような感情を、顔の表情・声・音・動きで表現。
3)AI/人工知能
人工知能を搭載しており、環境を認識して適切な感情を表現し 行動する。
4)INTERACTIVE CONTENTコンテンツ/相互コミュニケーションの遊び
ゲーム、探検モード、プログラミング機能など、様々な機能で遊びの幅が広がる。

さらに手のひらに乗せられるほど小型でありながら、360個のパーツで構成されており、160万行以上の プログラミングで構成されている。さらに、遊びの最中に流れるBGMはオーケストラで収録した40分以上のオリジナル音源が使用されており、世界観を引き立ててくれる。

■COZMO(コズモ)との遊び方
まず充電ドックで『COZMO』を充電。約20分の充電で約80分遊ぶことができる。スマートフォンやタブレットなどにダウンロードしておいたアプリを立ち上げ『COZMO』と接続すると、『COZMO』が起きて充電ドックから出てくる。『COZMO』は本体下部の側面にある2つのタイヤを使って移動。液晶ディスプレイを搭載した顔と上下に稼働するアームを使ったしぐさで、1000種類以上の感情を豊かに表現する。

COZMO

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ