人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホユーザーの約半数が「フリマアプリを利用したことあり」、うち7割が「メルカリ」を利用

2017.07.14

経済産業省が発表した「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」において、フリマアプリ市場規模を初めて算出。2016年には3052億円規模まで成長しており、今後も市場拡大が続くと予想している。

MMD研究所とコロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」は、第15弾となる共同調査「2017年フリマアプリに関する利用実態調査」を実施。その回答と分析結果を公開した。

まずスマートフォンを所有する10~60代の男女2万3107人に事前調査としてフリマアプリの利用経験について聞いたところ、「現在利用している」と回答した人は31.4%、「過去に利用したことがある」が15.2%と合わせて46.6%が利用したことがあることがわかった。2016年に行った同様の調査と比較すると10.9ポイント利用経験が増えている。

2017年フリマアプリに関する利用実態調査

事前調査においてフリマアプリの利用経験があると回答した人を対象に、フリマアプリの利用について13歳~39歳の男女1837人を抽出。利用状況を聞いたところ、「出品・購入したことがある」が60.2%と最も多く、「出品のみしたことがある」が9.0%、「購入のみしたことがある」が30.8%となった。

2017年フリマアプリに関する利用実態調査

フリマアプリ利用経験者(n=1837)からフリマアプリで購入経験があると回答した人(n=1672)を対象に、購入したことがある商品(複数回答可)を聞いたところ、10代、20代の男性では「エンタメ・ホビー、ゲーム、本・コミック・マンガ」、30代の男性では「エンタメ・ホビー、洋服、本・コミック・マンガ」の順となった。続いて女性の10代で多かったのは「エンタメ・ホビー、洋服、本・コミック・マンガ」、20代の女性では「洋服、エンタメ・ホビー、アクセサリー」、30代では「洋服、アクセサリー、エンタメ・ホビー」の順となり男女ともに若い年代ほど「エンタメ・ホビー」の購入が高い傾向にあり、年齢があがるに連れ「洋服」関連の購入傾向が高いことがわかった。

2017年フリマアプリに関する利用実態調査

フリマアプリ利用経験者(n=1837)からフリマアプリで出品経験があると回答した人(n=1271)を対象に、出品したことがある商品(複数回答可)を聞いたところ、10代の男性では「エンタメ・ホビー、ゲーム、本・コミック・マンガ」、20代の男性では「ゲーム、エンタメ・ホビー本・コミック・マンガ」、30代の男性では「洋服、ゲーム、本・コミック・マンガ」の順となった。

続いて女性の10代で多かったのは「エンタメ・ホビー、洋服、本・コミック・マンガ」、20代の女性では「洋服、エンタメ・ホビー、本・コミック・マンガ」、30代では「洋服、バッグ、靴」の順となり年代で出品している商品が異なる傾向にあることがわかる。

2017年フリマアプリに関する利用実態調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。