人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.13

他の国と比べて日本はアルコールを毎日飲む人の割合が高い?

飲酒が認められる年齢は国により異なるが、日本は他の国と比べてアルコールを飲む人の割合は多いのか、少ないのか。市場調査会社のカンター・ジャパンが以前、行なった日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報によると、16歳以上の消費者を対象に実施した調査で、アルコール飲料を毎日飲むと回答した人の割合は21%で、24ヵ国中最も高い数値であることが明らかとなった。飲酒が認められる年齢は国により異なるが、対象者の条件である16歳以上で集計した数値で比較したところ、日本人の5人に1人は毎日何らかのアルコール飲料を飲んでいることがわかった。

アルコール飲料を毎日飲む

アルコール飲料を毎日飲む

  日本の消費者に対し、アルコール飲料とボトル入りの水/ミネラルウォーターの摂取頻度を聞いた。すると、アルコール飲料を毎日飲むと回答した人の割合が21%、ボトル入りの水/ミネラルウォーターを毎日飲むと回答した人の割合が17%だった。また、アルコール飲料を毎日飲むと回答した人の割合では、24ヵ国中日本の21%が最も高い数値となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ