人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.13

「トラブル対処のための休日出勤」と「友人の結婚式参列」どちらを選ぶ?

非正規雇用の処遇改善や時間外労働の上限規制など、政府や厚生労働省が「働き方改革」を進める中、メディケア生命保険は独自に、全国の20歳~29歳の社会人歴5年未満の若手500名と40歳~59歳の社会人歴15年以上のベテラン500名を対象にした「若手とベテランの仕事に関する意識調査」を実施。その回答状況と分析結果を公開した。

 

全回答者(1000名)に、どのようなことで仕事のモチベーションが上がるか聞いたところ、若手(500名)では、「就業時間内に業務を完遂すること」が28.6%で最も高く、次いで、「事前の計画通り業務を完遂すること」27.6%、「難易度の高い業務を完遂すること」26.8%、「一緒に働くメンバーに感謝されること」26.2%、「お客さまに感謝される/笑顔がみられること」25.0%が続いた。

一方、ベテラン(500名)では、「難易度の高い業務を完遂すること」が30.0%で最も高く、次いで、「成果に見合った給料が貰えること」28.2%、「お客さまに感謝される/笑顔がみられること」27.6%、「事前の計画通り業務を完遂すること」27.0%、「就業時間内に業務を完遂すること」20.8%となった。

若手はベテランより給料ではモチベーションが上がらず、また、就業時間内に終わることや計画通り終わることで仕事のモチベーションが上がるという人が多い傾向にあり、若手が仕事以外の時間を有意義に使いたいと考えている様子がうかがえる。これに対し、ベテランでは、レベルの高い仕事に携わることやきちんとした評価を得られることで仕事のモチベーションが上がる人が多いようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ