人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.14

パナソニックがVICS WIDEに対応したAV一体型カーナビ『ストラーダ』のベーシックモデルを発売

パナソニックはAV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション『CN-E300D』を8月初旬より発売を開始する。

CN-E300D

『CN-E300D』は上位機種から継承したナビゲーション機能とAV機能を搭載した、ストラーダのベーシックモデルになる。AV機能でニーズの高い「BLUETOOTH Audio」にベーシックモデルとして初めて対応。スマートフォン等の対応機器の音楽をワイヤレスで再生することができ、ふだん聴いている音楽が手軽に車内でも楽しめる。

CN-E300D

「BLUETOOTH Audio」イメージ

また、自動車メーカー純正のステアリングスイッチで、ボリューム調整や選曲などのオーディオ操作に対応。さらにハンズフリーのON/OFF操作も行なえる。ステアリングスイッチとの接続には追加オプションは不要で、『CN-E300D』を装着したその日から、便利に使いこなすことができる。

ナビ機能では、基本となるルート案内にこだわり、新交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載。ルート案内中に交通状況が変わると、渋滞を回避するルートを自動で再探索する。また、準天頂衛星システム「みちびき」にも対応した高い自車位置測位精度と、市街詳細地図や実物と同じデザインの方面看板等、正確でわかりやすいルート案内表示でドライブをサポートしていく。

CN-E300D

「VICS WIDE」(渋滞回避ルート再探索)

トンネルや高架下では、車の傾斜角や方位変化を検知する『3Dジャイロセンサー』や『車速パルス信号』により、現在地を高精度に測位する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ