人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現役CAの着用済みの制服をリサイクル!スターフライヤーがCA人形を作った理由

2017.07.14

オビツ製作所にお願いするのにあたり、「Made in Japan」と熟練の職人による手作業にこだわった。外国での大量生産で安く作れるものではなく、職人の「技」と「手間」がかかっているため、5万円という価格設定になっている。さらに秋山さんは「私たちの10年着用していた制服の思い出なども考慮した価格設定である」と付け加えた。もちろん利益が大きく出るものではなく、しかもその利益の一部は寄付することになっている。スターフライヤーの機内販売自体のポリシーとして、「儲けを重要視している訳ではなくお客様に持ってもらってスターフライヤーをより好きになってもらいたい」(スターフライヤー広報の森安亜美さん)という想いがあるからだ。


今回秋山さん(写真左)と共にお話を伺ったスターフライヤー広報の森安亜美さん

実際の制服を使ってのキャビンアテンダント人形は国内の航空会社では初めてのケースということで、改めて秋山さんは「制服をリサイクルして他のものにするよりも、人形にすることで、客室乗務員のイメージのミニチュア版として残るものにできて良かった」と話す。今回、製作できたのは200体分のみで、追加販売の予定は一切ないとのこと。このスターフライヤーの10年間が詰まった「キャビンアテンダント人形」を買うことも含め、スターフライヤーに乗って旅を楽しんでみてはいかがだろうか。


北九州空港のスターフライヤーチェックインカウンター


就航10周年を記念した2代目となる新制服

取材・文/鳥海高太朗

航空・旅行アナリスト、帝京大学航空宇宙工学科非常勤講師、ANA「What's up? ANA」社外編集者。文化放送「オトナカレッジ」金曜日(月2回)に出演中。

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。