人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.12

なぜお酒を飲みすぎた日の翌朝は喉が渇くのか?

なぜお酒を飲みすぎた日の翌朝は喉が渇くのだろうか?味の素が以前、宴会・飲み会での体調の変化や脱水に関する意識の実態を把握するため、宴会・飲み会でお酒を飲む30~70代の男女500人を対象に、アンケート調査を実施したところ、宴会・飲み会後に「体調に変化がある」とした人が感じる体調の変化は、口渇感(57.3%)、体のだるさ(56.4%)、頭痛(45.7%)と続き、体の渇きが原因で起こる体調変化を特に感じていることもわかった。

お酒に関する調査

1.宴会・飲み会の参加回数、70代でも平均7回以上

12月~4月の時期に宴会・飲み会に何回くらい参加しているか質問したところ、平均参加回数で50代(7.4回)に次いで70代(7.1回)、30代と60代がそれぞれ6.1回となっている。参加回数の多い70代だが、80.0%が非勤労者であり、仕事に関係なくお酒の席を通したコミュニケーションが活発であることが伺える結果となっている。

お酒に関する調査

2.30代は「体調に変化がある」が7割、70代は「体調に変化はない」が8割

宴会・飲み会後の体調の変化について聞いたところ、「変化がある」と答えた人の割合が、30代(70.0%)、40代(56.0%)、50代(51.0%)、60代(40.0%)と、年代が高くなるにつれ減少し、70代では逆に8割の人が「変化がない」と回答。30代と70代では、それぞれの割合が逆転した結果となっている。

お酒に関する調査

一方で、宴会・飲み会でつい飲み過ぎてしまうか聞いたところ、30代~60代は「つい飲み過ぎてしまう」と回答した人と「体調に変化がある」と回答した人が、ほぼ同数だったのに対し、70代は「つい飲み過ぎてしまう」と回答した人(35.0%)が「体調に変化がある」と回答した人(17.0%)より多い結果となった。30代~60代は、飲み過ぎから起こる体調の変化を感じているが、70代は飲み過ぎても体調の変化を感じていないことがわかる。また、「体調に変化がある」とした人が感じる体調の変化は、口渇感(57.3%)、体のだるさ(56.4%)、頭痛(45.7%)と続き、体の渇きが原因で起こる体調変化を特に感じていることもわかった。

お酒に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ