人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.12

出勤前にチェック!夏の化粧くずれ対策3つのポイント

これからの季節、就活生は特に、面接や試験の際、好印象をもってもらうためにも、汗とニオイ・化粧くずれの対策には十分気を配りたいものだ。また、ビジネスシーンにおいても、「クールビズ」のシーズンを迎え、オフィスでの猛暑対策が必須。就活やビジネスにおけるコミュニケーションにおいては、ニオイのエチケットや美しく整った化粧は重要なポイントになる。資生堂化粧情報開発センターが以前、就活生やビジネスパーソンのための、汗とニオイ・化粧くずれ対策のポイントについて、以下のようなアドバイスを行なっている。

■意外と知らない!?「汗とニオイ」の正体は

気温・湿度の上昇とともに「汗臭い」という言葉を耳にするが、すべての汗は本来無臭。汗を”におうもの”に変えるのは、肌表面の細菌である「ニオイ菌」である。「ニオイ菌」は汗に含まれるたんぱく質や脂質を分解。これにより、発生した脂肪酸などがニオイになる。

ニオイのエチケット

■ニオイを抑える3大要素(制汗・殺菌・消臭)と、その対策

1.制汗対策:汗の量を増やさないこと
気になるニオイを抑えるためのポイントは、まず、汗の量を増やさないこと。その意味でも、制汗剤は汗腺に作用して分泌そのものを抑えるので有効だ。とはいえ、汗をかくこと自体は、体温を一定に保つためにも、人間のからだにとって大事な生理現象の一つであり、完全に抑えてしまうことはできない。そこで就活生は、面接や試験の当日は、いつも以上に余裕をもって行動することを心掛けよう。時間に追われて行動すると、汗をたくさんかいてしまうのはもちろんだが、焦りによる緊張感から神経を高ぶらせて、必要以上に汗をかくことにもつながる。

ニオイのエチケット

2.殺菌対策:身体を清潔に保つこと
汗をかいてもにおわないようにするには、朝晩のシャワーや入浴でデオドラント効果のある洗浄料を使い、身体を清潔に保つことが重要。また出かける前には、殺菌効果のある制汗剤やボディー用パウダーを使うこともおすすめだ。私たちの体表の多くを占める汗腺は「エクリン腺」で、そこから分泌される汗は、体温調節の役目を果たしている。そのほとんどは水分なので、サラサラしている。一方、わきには「アポクリン腺」という汗腺が多くあるが、この汗は黄色く粘り気があり、脂肪・タンパク質や鉄分などを多く含んでいるため、細菌に分解されると特有のニオイを発する。

ニオイのエチケット

男性には、わき毛をすり抜けて根元にまで届くスプレータイプの制汗剤を使うことをすすめたい。一方女性の場合は、より密着性の高いロールオンタイプもおすすめだ。また胸元にも「アポクリン腺」があるので、ハンカチなどで汗をこまめに抑えることも大事なエチケットだ。また、大切な面接の前やオフィスの昼休みに、お手洗いなどでも手軽に使いやすいのが携帯用のボディーシート。外出の際に鞄にしのばせておけば、いざというときも心配がない。

働く女性の「汗のニオイに関する調査(2016年3月実施/20~40代有職女性2,000名/資生堂インターネット調査)」によると、「汗のニオイが気になる時間帯」としては、「午後」(65%)が最も多く、次いで「夕方」(57%)、「昼」(47%)と、日が高くなる昼すぎから夕方にかけて、特にニオイが気になるようだ。また、「汗のニオイで仕事への集中力は低下すると思いますか?」と聞くと、75%と8割近くが「そう思う」と回答している。「具体的にどのくらい集中力が落ちるか」との質問では、平均して「4割減」という結果になった。

ニオイのエチケット

3.消臭対策:足元への気配りも忘れずに
発生してしまったニオイには「消臭」で対応する。こういうときは、消臭効果のある制汗剤がおすすめだ。また、香りをうまく使うことも効果的だが、香水を使いすぎると香りが混ざり逆効果になることもあるので、気を付けよう。ニオイの原因物質は衣服に保留されやすいので、スーツのお手入れも重要だ。就活生は少ないスーツを着まわしている方が多いと思われるが、帰宅したらすぐハンガーにかけ、ブラッシングして埃や汚れを落とし、通気性のよいところで管理しよう。

また、足元への気配りも忘れてはならない。普段履きなれていない革靴で一日中歩き回る就活生は、足裏にもいつも以上に汗をかいてしまいがち。足のうらにはサラサラの水分を出す「エクリン腺」が多く分布。靴や靴下で蒸散を妨げられた汗が、微生物などの栄養源となって分解され、変質してニオイを発する。 風呂では、足の指を1本1本広げるようにして洗おう。また、靴下を履く前に、足専用の制汗・防臭スプレーをつけ、乾いてから靴下や靴を履くと効果的だ。靴は、その日のうちに汚れを落とし、風通しのよいところで管理して、ニオイ菌の繁殖を防いでほしい。

そして働く女性にとって朗報なのが、2016年6月1日からの「スーパークールビズ」期間の服装として、サンダルの着用が「TPOに応じた節度ある着用に限り可」と認められるようになったこと。サンダルの着用が「TPOに応じた節度ある着用に限り可」と認められるようになった。この機会に、女性は積極的にサンダルを履いてみるのもいいだろう。社会人のエチケットとして、効果的なニオイ対策を行うことはとても大切なこと。汗とうまく付き合いながら、時間帯やシーンでアイテムを使い分け、夏を乗り切りろう。

ニオイのエチケット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ