人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.12

「ちょい飲みしてみたい店」ランキングで男女とも1位になったのは?

仕事の帰りなどに飲食店などで少しだけお酒を飲んでいく「ちょい飲み」が人気を博している。男性だけでなく女性にも裾野が広がったちょい飲み、実際にはどのように利用されているのだろうか。マクロミルが昨年、全国の20~59歳の有職者で「ちょい飲み経験」のある男女を対象に調査を実施したところ、その実態が明らかになった。

「ちょい飲み経験」のある男女を対象に調査

■ちょい飲み1回の利用金額は「2000円未満」が71%。顧客単価は1000円~2000円がボリュームゾーンか!?

ちょい飲みをしたことのある20~50代の男女800名に、1回のちょい飲みで利用する1人あたりの金額について質問。全体の71%が「2000円未満」という結果になった。最も多かったのは「1000円以上1500円未満」の30%。2位が「1500円以上2000円未満」22%、「500円以上1000円未満」と「2000円以上2500円未満」がともに14%で同率3位であった。ちょい飲みの顧客単価は、1000円~2000円ほどがボリュームゾーンと言えそうだ。

「ちょい飲み経験」のある男女を対象に調査

1回あたりの滞在時間については、1位が「30分以上60分未満」41%、2位が「60分以上90分未満」29%、3位が「15分以上30分未満」16%であった。合計すると60%が60分未満、89%が90分未満で店を後にしており、「ちょい飲み」の言葉が表すとおりの結果となった。

「ちょい飲み経験」のある男女を対象に調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ