人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

格安SIMユーザーが通話代節約のために使っている通話アプリTOP10

2017.07.11

安さを武器に参入事業者が増えてきた格安SIM。競争が激しくなったこともあってか、音声通話プランなどのプラン充実。安さだけでなく実用性もあり、月々のスマホ使用料の高さに悩んでいる人にとっては魅力的に写っているのではないだろうか。MMD Laboが昨年同社が運営するMMD研究所にて、格安SIMの音声通話プランを利用している15歳以上の男女891人を対象に、「格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査」を実施したところ、よく利用する通話手段は、約7割が「通常電話」で、「チャットアプリ」の無料通話利用は約4割という結果になった。

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

■格安SIM音声通話プラン契約者のよく利用する通話手段は、約7割が「通常電話」で、「チャットアプリ」の無料通話利用は約4割

格安SIMの音声通話プランを利用している15歳以上の男女を対象に、よく利用している通話手段を聞いたところ、「通常の電話」が71.0%と最も多く、次いで「チャットアプリの通話利用」が39.7%、「通話割引電話アプリ」が23.9%、「050IP電話アプリ」が22.6%となった。

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

■1回あたりの平均通話時間は「3分以内」が最多

利用している通話手段での1回あたりの通話時間を聞いたところ、どの手段においても「3分以内」という回答が最多。通常の電話が47.1%、050IP電話アプリでの通話が41.8%、チャットアプリでの通話が31.9%、通話割引電話アプリでの通話が55.4%となった。

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

続いて、主な通話先について聞いたところ、通常の電話、チャットアプリでの通話、通話割引電話アプリで最も多かったのが「家族」となった。050IP電話アプリでの通話で最も多かったのは「友人」だった。

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。