人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.11

家電と連携したり、離れた人とチャットができる未来の窓「Window with Intelligence」

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆3年後の実用化に向けて開発が進行中の「未来窓」

 家を構成する要素の中でも優先順位の低い窓をもっと意識して欲しいという思いから、2016年4月にスタートしたのが、YKK APの「未来窓」プロジェクト。「窓が情報を持ったなら。」をコンセプトにした「Window with Intelligence」は3年後の実用化を目指して開発中だが、このたびプロトタイプが公開され、7月1日からYKK APショールーム新宿 特設ギャラリーで一般公開展示を開始する。ギャラリーでは常設で展示され、アドバイザーがデモンストレーションを行ってくれるのでいつでも見ることが可能だ。

 

 一見すると大型の壁かけディスプレイのようだが、窓枠として使われている高性能樹脂窓フレームに、タッチセンサー付きの透明有機EL、両面強化ガラスの三層構造のガラスを組み込んでいる。窓としての基本性能を保ちながら、インターネットとつながることで家電をコントロールしたり、天気を伝えたり、離れた人とチャットをしたり、室内環境を察知して自動で窓を開閉させるなど7つの機能を搭載。スイッチをオフにすると、通常の透明の窓になる。

 プロトタイプの大きさは窓本体が縦1596mm×横1062mm、ディスプレイは55インチ。現在はこのサイズのみだが、今後、組み込まれるパネルのサイズの種類が増えればさまざまな形の窓に対応できるようになるとのこと。

 液晶パネルではバックライトが必要となるため窓としてスイッチオフしたときに外の景色が見えなくなるため、窓に情報を映すディスプレイは透明有機ELを採用。透明有機ELは自家発光するので、透明のときと情報を映すときの双方に対応できる。

 現在はプロトタイプの段階なので、窓としての性能である断熱性、気密性、水密性、防音性といった部分はクリアしていないが、今後の開発で窓の性能も確保していくという。また、屋外からの日射を想定して、透明有機ELの耐光性や、外が明るいと画面が見にくくなるので、画像が出ているときはスクリーン等を入れるような形で検討しているとのことだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。