人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

上司が部下に道徳論を持ち出す時の真意

2017.07.10

■2次攻撃を防ぐ

 道徳は多くの人が心得ている。そこから先に踏み込んで意見を言うことができなくなる。上司の判断ミスなどを部下は指摘できない。道徳をいったん持ち出して、部下たちを抑えつけると、今後、トラブルが生じたときにもその方法が通用する。部下からすると、道徳を振りかざす上司には逆らえない、と思い込む。

 道徳の怖さが、ここにある。現在の問題点だけでなく、近未来に起こりうるかもしれないトラブルの際にも、上司たちに逃げ道を与えることになる。「上司に口ごたえをするのか!」「そんな物言いが許されるわけがないだろう!」と言い続けることで、自分中心の空間をつくり、部下たちが侵入できないバリアを張ることにもなるのだ。

■徒党をくみにくい

 上司が警戒するのは、部下たちが束になり、自分を責めることだ。「あの判断は、誤りだ」「指示があいまい」「マネジメントができていない」などと言われることを恐れる。ほとんどの人は強がっても、怖がっているはずだ。

そこで、部下たちが徒党を組むことができないようにする。そのときに有効であるのが、道徳を持ち出すことだ。「上司に口ごたえをするのか!」と言われれば、部下たちの多くはとりあえずは従う。ごく少数がその後も不満を持つかもしれないが、「あいつはチームの和を乱す」「協調性がない」などと、さらに道徳を持ち出すことでその部下たちが孤立するように仕向けることもできる。

 最後に…。道徳は、誰もが心得るべきものである。しかし、それを必要以上に強調したり、口にしたりする人には注意をするべきだ。本当の狙いがあるはずだ。そのことを理解しておくだけでも、職場で生きていく術になる。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

■連載/あるあるビジネス処方箋

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。