人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

気になるメニューが揃ったロイホのカレーフェア、今夏のイチオシは?

2017.07.10

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆過去34年で登場したカレーの中から投票で選ばれた2種類のカレーも登場

 今年で35年目を迎えたロイヤルホストの「カレーフェア」が7月5日からスタートする。ロイヤルホストの1号店誕生(1971年12月28日)から10年が経過した1983年に開始され、現在まで毎年欠かさず続けられているフェアだけあって「今年も開催されるのか?」という顧客からの声が多く、1~2月ごろからフェアに登場するカレーのレシピ考案が始まるという。

「煮込み料理であるカレーは自社セントラルキッチンの能力が最大に活かせるメニューであり、一番忙しい夏場の時期にお客様にスムーズに料理を提供するという意味でもカレーは適しており、それらが35年続けられた大きな理由ではないか」(ロイヤルホスト 代表取締役社長 佐々木 徳久氏)

 34年間で登場したカレーの種類は合計159種。過去34年間のカレーから年代ごとに38品をピックアップし(上記画像)、約52万人のモバイル会員、ロイヤルグループ従業員による「ロイホファン」から、気になるカレー、もう一度食べたいカレーを投票してもらった。投票総数1万4538票で1位になったのは「ザ・ロイヤル シェフカレー(英国風)」(1984年初登場・画像左)、2位は特製のガラムマサラで仕込んだ、手作りチキンコフタ(肉団子)とオニオン、ココナッツジュースを使った変わり種のカレー「チキンコフタと卵のカレー」(1998年・画像右)。

「フェア当初は世界のカレーを紹介する形で約10年実施し、その後は素材型、洋食との組み合わせなどさまざまなメニューを提案してきた。今年は35年続けて来た伝統の部分と、新しい提案を入れたいという思いでフェアを企画した。投票で2位になったチキンコフタは我々にも意外な結果だった。今年はロイヤルターリに投票で選ばれた2種類のカレーを付けることにし、メニューにも見開きで実物大のターリを載せている」(ロイヤルホスト 商品部 部長 城後 稔氏)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。