人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.10

ビジネスパーソン必読!時代の変化にのまれないための5つのヒント

混迷の時代の中で変化をチャンスにする人は何が違うのか?

 国際情勢はもちろんビジネスの現場でも昨今世の中は“チェンジ”の真っ只中だ——。変化を悪しきものととらえて嵐が過ぎ去るのをジッと待つのか、それともチャンスと考えて積極的に打って出るのかは各人の心持ち次第だろう。これからもまだまだ続くと思われる激動の時代の中では、ポジティブな態度で変化をうまく活用すべきであるという論調が強まっているようだ。

■時代の変化に呑まれないための5つのヒント

 やってくる変化をいかにチャンスにしていくかが、今後のビジネスでは特に求められているという。かねてから、世の中の変化よりも一歩先んじることの重要性を繰り返し説いているのが、元GE最高経営責任者の“伝説の経営者”であるジャック・ウェルチ氏だ。

「組織の内部の変化が、世の中の変化についていけなくなったとき、組織の終わりは近い」(ジャック・ウェルチ氏)

 イノベーションの重要性と、積極的に変化を起す経営を主張し続けたウェルチ氏ならではの言葉だが、ビジネス情報サイト「Cabarrus Magazine」の記事では、特にこれからの時代のビジネスは変化が避けられないことを訴え、進取の気質に富んだ往年のアメリカ人金融資本家、ロバート・ヴァンダーポー氏の名言も引用している。

「もっとも成功するビジネスマンとは、それが良いものである限りにおいて古い商慣習を守り、それが即効性のあるものである限りにおいて新しいものを取り入れる」(ロバート・ヴァンダーポー氏)

混迷の時代の中で変化をチャンスにする人は何が違うのか?
Cabarrus Magazine」より

 ビジネスに関わる者には無関係ではいられない時代の変化の波に呑まれることなく、どうやってポジティブな方向へ舵を切れるように対処していけばよいのか。記事では5つのヒントを示している。

・変化を受け入れることは不可避であるだけでなく必要なことである。

・マーケット、テクノロジー、人々の消費習慣、商品のライフサイクルの変化に適応することで長期に及ぶ成功がもたらされる。

・起りうる変化を最大限に利用するために、これまでのビジネス習慣を作り変えることが重要だ。

・より良いビジネスの方法を発見するため、顧客により仕えるため、新たなマーケットを開拓するために、現状の仕事のやり方を“ダメ出し”するようチームに求める。

・心地良い解決策を求めるな。その余裕はないはずだ。

 よくよくご存知のように、イギリスがこのままEUを離脱するとなれば、ビジネスの各分野で決して小さくない環境の変化が起こってくるだろう。今回の件ではある程度の損失は避けられないとも見込まれているが、変化には必ずポジティブな要素も含まれており、それにいちはやく気づいて適切に対処することで可能性が広がってくるものでもあることを確認しておきたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ