人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.09

頭を使って利用するデザイン雑貨7選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

「頭を借りる」というのは知恵を借りる、といった比喩的な意味ではない。文字通り「頭を借りて」ものを入れるのに利用するデザインのことを指している。こうした雑貨のデザインも実に多様なものがあって、中に入れるもの自体もデザインの一部としてしまうものもある。ユーザーもデザインに参加できる、そんな雑貨たちと言えるだろう。

■酩酊する様まで表現するぐい呑み『江戸硝子 Guinomi Daruma』

 

この色合いが良い。赤は赤でもこのように暗い赤というのは日本に馴染みのある色合いではないだろうか。私に言わせれば「りんご飴のような赤」である。さて、このぐい呑み、ダルマがデザインされていて酒を入れて使うわけだが、中に液体が入ると本体がぐらんぐらんと揺れて、あたかもダルマが酩酊しているよう動きをするのだ。どこまで揺らせるだろう?などと考えてやり過ぎてしまわないようにだけ注意して欲しい。価格は税抜6,000円。楽天市場から購入することができる。

■今にも語りかけてきそうな表情のフラワーポッド『Bjorn Winblad/フラワーポット』

 

デンマークのデザイナー・ビヨン・ヴィンブラッド氏によるフラワーポットの表情はとても愛嬌がある。デザインのもとになっている人物は日本人ではないはずなのだが、こうしてデザインになった表情には昔から知っていたかのような馴染みを感じる。中に植物を植えると、植えた植物が彼女らの髪の毛となるデザインをしているので、このポッドの表情をじっくり見てから中に入れる植物を決めるのはいかがだろうか?サイズとカラーの組み合わせは固定されており、グリーンのサイズはφ8cm×H12.9cm、ブルーのサイズはφ11cm×H14.3cm、レッドのサイズはφ14cm×H17.6cmとなっている。価格は各々、税抜4,000円、6,000円、8,000円、「イルムス」のオンラインショップで販売されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ