人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.08

オーブンレンジ初のあぶり焼き機能を搭載したシャープのウォーターオーブン『ヘルシオ』

シャープは、オーブンレンジで初めて、食材の香ばしい味わいを引き立たせる「あぶり焼き』機能を搭載したウォーターオーブン『ヘルシオ AX-XW400』を8月9日より発売する。価格はオープン価格。

ヘルシオ AX-XW400

その特徴としては、これまで実現できなかったかつおのたたきやミディアム・レアステーキのように、食材の上面を焼きあげる「あぶり焼き」機能を搭載。オーブン加熱に比べて熱量が約8倍もある過熱水蒸気を食材に集中的に直噴射し、強力なパワーで食材の表面をスピーディーに焼き上げることにより、あぶりの香ばしい味わいを引き出していく。表面はこんがり、中はほどよくレアでしっとり、というプロの技とも言える「あぶり焼き」が自動で簡単に調理できるようになった。

ヘルシオ AX-XW400

※7 ヒーターのワット密度がAX-XW400:5.9W/cm2

オーブンレンジは、オーブンやグリル、電子レンジなどの機能を数多く搭載しており、同社にも「使いこなすのが難しそう」といった声をが届いているという
そこで『AX-XW400』では、AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」とつながることで、音声を使った自然な対話から、やりたいことを理解して適した操作画面を呼び出すなど、今まで「難しそう」と敬遠していた人にも簡単に使えるようになった。
なお、昨年発売した『AX-XW300』より引き続き、音声での献立相談機能を搭載している。

さらに例えば、冷凍食品のパッケージ裏面にレンジの出力と時間が記載してある場合、「レンジ 600W 3分」などと読み上げるだけで、セットが可能。また、音声で「とんかつをあたためたい!」と話しかければ、過熱水蒸気による「サックリあたため」機能の画面が表示されるなど、操作に迷うことなく簡単に操作が可能。AI(人工知能)がやりたいことを理解して、適切な操作やメニュー画面を呼び出してくれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ