人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.07

1万人に聞いた好きな洋食TOP3

日本における洋食の歴史は1863年、長崎に開業した「良林亭」と言われている。1868年には「築地ホテル館」に日本で最初のフランス料理店が開業。1872年には築地精養軒、1895年には銀座に「煉瓦亭」が創業され、その後の日本の洋食の進化・発展に大きな影響を与える存在となっていく。
マイボイスコムは、そんな「洋食」に関する2回目の調査を実施。回答状況と分析結果を公表した。

まず洋食の嗜好度については、洋食が好きな人は85.5%。このうち「好き」は51.5%、「どちらかといえば好き」は34.0%だった。「好き」の比率は、女性の方が高くなっている。洋食を食べるシーンでは、「夕食」が74.9%、「昼食」「外食」が4~5割、「旅行先」「一緒に食べる人に合わせて」が各2割だった。「外食」「一緒に食べる人に合わせて」は、女性が男性を約11~14ポイント上回る。

「洋食」に関する調査

「洋食」に関する調査

自宅で洋食を食べる頻度は、「週に2~3回くらい」が4割強でボリュームゾーンだった。準備方法は「自分や家族の手作り」が自宅で洋食を食べる人の83.2%、「冷凍食品、レトルト食品」「お惣菜、弁当」「料理の素や、あわせ調味料などを利用する」が2~4割となっている。
自宅で洋食を食べる際の重視点は、「価格」「栄養バランス」「野菜をたくさん食べる」「原材料」が各3割で上位にあがっている。「栄養バランス」「野菜をたくさん食べる」は、女性や50代以上で比率が高い傾向にある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ