人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マツダ『CX-5』で行くしまなみ海道ロングドライブの旅

2017.07.06

渡し船をクルマで待つ地元のお母さんに聞いたところ、しまなみ海道を使うより、ずっと便利に短時間で島を往来できるそう。なにしろ「ひんぱんに運行」ですから。実際、面白半分、撮影のために渡し船に乗ったものの、向島(小歌島)から今日、最初の訪問地である尾道の浄土寺へ向かうためには、しまなみ海道を経て、かなりの遠回りとなったのだ。もちろん大人の休日であり、時間には余裕があるから、それはそれで風情があっていいのだが。


下船するCX-5

CX-5はクリーンディーゼル車が販売比率の約80%を占める。SUVとディーゼルの相性がいいのは今も昔も変わらないが、いやいや2.5LガソリンのCX-5もなかなかのクルマであった。

XD PROACTIVEの走行中の静粛性の高さは驚異的なものだが、さすがにこのガソリンエンジン車の静粛性のレベルはさらに上。乗り心地はダンパーがよく動き、素晴らしくスムーズで、ザラついた路面でも不快な振動は見事にカットされている。つまり、19インチという大径タイヤを履いていても、より上質な大人の休日にふさわしい、XD PROACTIVEに軽やかさの極みに対してほんの少ししっとりとした乗り味が特徴だ。

しかし、浄土寺へと続く参道に乗り入れた瞬間、運転するボクは過酷な修行僧になった気分になった。できれば引き返したい・・・。

というのは、幹線道路から浄土寺へと向かう1本道は軽自動車専用じゃないかと思えるほど道幅が狭く、途中に避難スペースはあるものの、全幅1840mmのCX-5にとってギリギリ。もっとも狭いところは左右にタイヤ2~3本分の余裕しかない。しかも片側は絶壁だ。もし対向車でも来たら、どうするんだ!! 来ないことを祈ったのは当然だ。


参道はかなり狭い!!


ここがもっとも広いところ

でも、来ました、軽トラの対向車!!!!(汗) が、CX-5は視界、最小回転半径5.5mの取り回しに優れているから、避難スペースに寄せるにしても、そうは苦労せずに済んだのである。左側サイドモニターの有り難みも痛感した次第。


道幅ギリギリです。でも対向車あり(後ろに見える)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。