人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ、活気のある都市にはパブリックスペースが多いのか?

2017.07.06

 東京都の豊島区や中野区などは、居住者の人口密度が世界の中でもダントツに高い地域として知られているが、先ごろ都市レベルで人口密集度の高い都市トップ10が“ダボス会議”のサイトで発表されている。

■人口密集度の高い都市ベスト10

 世界経済フォーラム、いわゆる“ダボス会議”のウェブサイトではこの5月に世界で最も人口が密集した都市のトップ10を発表している。

1. ダッカ(バングラデシュ)人口密集度:4万4500人(1平方キロあたり)
2. ムンバイ(インド)人口密集度:3万1700人
3. メデジン(コロンビア)人口密集度:1万9700人
4. マニラ(フィリピン)人口密集度:1万4800人
5. カサブランカ(モロッコ)人口密集度:1万4200人
6. ラゴス(ナイジェリア)人口密集度:1万3300人
7. コーター(インド)人口密集度:1万2100人
8. アブジャ(ナイジェリア)人口密集度:1万500人
9. シンガポール人口密集度:1万200人
10. ジャカルタ(インドネシア)人口密集度:9600人
(※UN Hbitat調べ)


World Economic Forum」より

 現在、世界人口の約半数が都市住人であると見込まれ、国連の予測によれば2050年までには世界人口の66%が都市住人になるということだ。新たな都市住人の9割はアジアとアフリカの都市に現れるという。

 どうして都市に人口が集中するのか? 報告では人々が都市に“押し寄せて”いる側面と、都市が人々を“引きつけて”いる側面の2つがあると説明している。

“押し寄せて”いる最も大きな理由は現在の生活状況を改善しようという人々の意欲だ。“引きつけて”いる最も大きな要素はやはり都市にある賃金の高い仕事の数々である。

 古いことわざに「みんなでいれば怖くない(There is safety in numbers)」というフレーズがあるように、人類の暮らしぶりの基本的な傾向からも、ますます進む都市への人口流入が説明できるかもしれない。

 しかしながらスラムと呼ばれる人口密集地域では人々はきわめて過酷な居住環境での生活を強いられているのも事実だ。アフリカ最大規模のスラムとも言われるキベラのスラムでは、鉄道のレールに沿って5kmにもおよぶスラム街が形成されており、人口およそ100万人が暮らしているといわれている。またインド・ムンバイのダラヴィのスラムには1平方kmあたり20万人もの人々が劣悪な衛生環境の中で生活している。

 一方で富裕層にとって都市での生活には計り知れないメリットがもたらされる。公共交通機関の充実や、各種公共サービスの利便性が格段に高いからである。利点も欠点もある大都市での生活だが、世界的には今後もますます多くの人々が都市に流入してくるのは間違いないようである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。