人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.06

お盆の前に知っておきたい仏壇・仏具の基礎知識

日本の夏の原風景とも言えるお盆。そもそも「お盆」とは、どんな意味を持つのか。仏教の伝統行事であるお盆は、亡くなったご先祖様が自宅に帰ってくるといわれる行事。7月または8月の13日に迎え火を焚いてご先祖を迎え、15日(もしくは16日)に送り火を焚いて送り出す。仏教の教えでは本来1月15日を中心にお盆としていたが、新暦(明治6年以降)になると、この時期が農業の繁忙期と重なるようになったため、農業が盛んな地域では、ひと月遅れの8月15日を中心としてお盆を行なうようになった。

2017年で創業125周年を迎えたGINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー)では、そんなお盆に欠かせない仏具やお盆の基本知識についてまとめている。

<一般的な盆棚飾りの例>
(1)素麺(2)昆布(3)ほおずき(4)生花(5)なすの牛・きゅうりの馬(6)水の子(7)みそはぎの花(8)夏の野菜・果物

お盆には、「盆棚」というご先祖様をお迎えする祭壇を作る。棚にはゴザやマコモを敷き、中央に位牌を安置。なすやきゅうりで作った精霊馬、精進料理のお膳、そうめん、季節の野菜や果物、故人の好物などのお供え物を供える。そして棚の左右には盆提灯を飾る。お盆飾りにはお盆に先祖が家に帰ってくることを華やかに迎えし、おもてなしをするという意味があるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ