人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.05

覚えておきたいドッグランの利用法と注意点

■連載/ペットゥモロー通信

【犬の社交場ドッグランを考える(2)】

覚えておきたいドッグランの利用方法と注意したいこと

愛犬をドッグランで遊ばせる際の注意点やストレスについて、みなさんは考えたことがありますか。犬にとって楽しいはずのドッグランですが、利用の仕方を間違えると、犬を危険に晒してしまうことも……。そうならないように、飼い主さんが十分に注意を払いましょう。

準備タイムを設けてドッグランの雰囲気に慣れさせよう

ドッグランに到着したら、みなさんはどのようにして愛犬を遊ばせていますか?

犬はこれから始まる楽しい時間に、興奮状態になっているかもしれないので、トラブル回避のためにも、ドッグランで遊ばせる前には「準備タイム」を設けるようにしてください。

「準備タイム」では、ドッグランの周囲を散歩して排泄をさせ、犬を落ち着かせましょう。周辺を散歩する際、飼い主さんは、ドッグラン内部の雰囲気チェックを忘れないこと。もし、ドッグラン内の雰囲気が悪いと感じたら、愛犬の安全のためにも、利用は止めた方が良いでしょう。

ドッグランによっては、「準備タイム」のための、待機エリアを設けているところもあります。その場合は、待機エリアで犬を十分にリラックスさせましょう。犬が落ち着いたら、いよいよドッグランに入場します。

扉を入ってからリードを外すタイミングですが、入場後すぐはNGです。扉の周辺は出入りする犬が多く、混み合っていますし、何よりも扉から外に出て行ってしまう危険性があります。必ず、扉から少し離れた場所まで愛犬を連れて行き、それから、リードを外すようにしましょう。

ドッグランで注意してほしいこと

犬がドッグランで遊んでいる間、飼い主さんは何をしていますか?

飼い主さん同士でのお喋り、スマートフォンの操作に集中している飼い主さんもいるようですが、そのような行動はNGです。飼い主さんが目を離している間に、犬同士のケンカ、排泄に気づかずに放置するといったことも起きています。

これが原因で、飼い主さん同士のトラブルに進展する場合もあるので、注意してください。

また、犬を遊ばせている間に、ドッグラン内の雰囲気が悪くなった時は、そのまま犬を遊ばせ続けず、すぐに退出する方が良いでしょう。オフリードであっても、愛犬とは見えないリードで繋がっているという気持ちを持って、ドッグランでの愛犬の行動を見守ってください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ