人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.04

世界の若者と比べて創造力が劣る日本のZ世代

1995年から2008年のあいだに生まれた世代で、企業マーケティングの新たな対象として、またポスト・ミレニアル世代としても注目を集める「Z世代」。

アドビ システムズは、学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラム「2017 Adobe Education Forum」において、日本の生徒と教師を対象とした、学習、クリエイティビティ、将来の仕事についての認識に関する調査結果「Gen Z in the Classroom: Creating the Future(教室でのZ世代:未来を作る)」を発表した。
※本調査では、日本の12-18歳、他国では11-17歳をZ世代と定義

調査によると、12歳から18歳までの日本のZ世代は自分たちを「創造的」とは捉えておらず、自らを「創造的」と回答した生徒はわずか8%だった。この割合はグローバルの同世代(平均44%)に比べて著しく低い結果であり、同様にZ世代の生徒を「創造的」であると回答した日本の教師は2%に留まり、グローバル平均の27%を大きく下回る結果にもなった。

教室でのZ世代:未来を作る

また、日本のZ世代はグローバルの同世代に比べ、「将来何かを作る仕事をしている」と考える割合が低く(日本:43%、グローバル:平均78%)、「創造性が求められる仕事は一握り」(日本:69%、グローバル:平均24%)であると捉えていることから、「創造的であること」は特別なこと、限られた人のことを指すと考えている可能性が高いことが判明。一方、グローバルでは「創造性が求められる仕事や職業はたくさんある」と回答した生徒は76%(日本:31%)に達している。

教室でのZ世代:未来を作る

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ