人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.04

Google、Amazon、Appleに続き、LINEも参入したAIスピーカー、普及のカギを握るのは?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は今年最注目のサービスと呼べる「AIスピーカー」について話し合います。

房野氏:Googleアシスタントを搭載した「Google Home」、Alexaを搭載した「Amazon Echo」シリーズ、Clovaを搭載したLINEの「WAVE」、さらにAppleの「HomePod」と、最近、AIスピーカーの話題が続きました。Google I/Oにも取材に行かれた石川さんに、まずその辺りの話をうかがいたいと思います。


Google Home


Amazon Echo


WAVE


HomePad


房野氏

石川氏:今回のGoogle I/Oでは、参加者7000人にGoogle Homeを配ったんですよ。技適の関係上、日本では使えないんですが、Googleがこのプラットフォームを盛り上げようとしているのを感じました。いろんなアプリケーションがGoogle Homeに対応するので、音声でそれらのアプリを起動して使えるようになってくる。現状、Google HomeはAmazonのEchoシリーズに販売台数的にも負けているので、Googleは気合いを入れてきたのだと思います。

 Googleの強みは、世界各国で現地の言葉で検索サービスを提供していること。今回の発表では、Googleアシスタントが英語だけでなくドイツ語やフランス語にも対応して、日本語もそこに入ってきた。面白くなってきたし、これからGoogleが一気に追い上げてくるかと思います。Amazonもがんばっているとはいいつつも、苦戦しそうな気がする。他のサービスでベースを持っているのが非常に大きい気がします。


石川氏

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ