人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.04

2016年度TOEIC受験者の平均スコアは公開テストが579点、IPテストが466点

企業・団体においては昇進・昇格の要件として、また、社員の採用の際などに参考にもされるTOEIC。「Test of English for International Communication」の略称で、英語を母語としない人を対象に、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験だ。資格や免許試験とは異なり、合否ではなく、実力測定するための試験という位置づけになる。

国内でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)から、2016年度TOEIC Programの公開テスト、団体特別受験制度(IP: Institutional Program、以下IP テスト)のデータが「TOEIC Program DATA&ANALYSIS 2017」として発表された。

TOEIC L&Rの実受験者数と平均スコアについて


2016年度TOEIC L&R全体の平均スコアは、公開テストで579点、IP テストで466点だった。TOEIC L&R のTotalスコアの平均は「Total スコア合計÷受験者数」により算出している。

TOEIC S&Wの実受験者数と平均スコアについて


2016年度TOEIC S&W 全体の平均スコアは、公開テストではTOEIC Speaking Testが121.9点、TOEIC Writing Test が139.7点となり、IP テストではTOEIC Speaking Testが103.2点、TOEIC Writing Testが126.5点となった。

TOEIC L&RとTOEIC S&Wの受験者数推移について

上記受験者数推移のデータは公開テストのみ申込ベースで集計

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ