人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.03

「こんなはずじゃなかった…」となる前にチェック!格安スマホを快適に使うためのコツ

■トラブルを回避するためにユーザーが知っておくべきこと

 MVNOに加え、格安スマホのメリットを強調して伝えてきた我々メディアにも責任の一部はあるが、ユーザー自身もトラブルを回避するために、最低限やるべきことがあるはずだ。ユーザーに知っておいてほしいことを岡本氏にたずねたところ、以下の3点を挙げてくれた。

 まず、事業者を選ぶ際は、自分に合ったところを選ぶことが大前提。対面でサポート受けたいのであれば、リアル店舗を展開している事業者を選ぶ必要があるし、サポートを特に必要としないのであれば、そういった面を気にせず安い事業者を選ぶことができる。

 事業者の特徴を把握することも重要だ。横並びに見えるMVNOのサービスも、よく調べると事業者によって特徴がある。ウェブサイトでMVNO各社のサービス内容を比較するのはなかなか難しいことだが、すでに使っているユーザーに評判を聞いたり、多くの事業者の格安SIM・スマホを扱っている量販店の店員に相談したりしてもいいだろう。

 「OCN モバイル ONE」で問い合わせの傾向が変わらない背景には、「すでに利用しているユーザーが家族など身近な人に勧めることで、新たに利用する人の認識にギャップがなく、スムースに入っていける状態になるから」と岡本氏は分析している。OCN モバイル ONEは女性ユーザーの比率が半数近くまで高まっているのだが、年齢層を調べると50代が増えているという。夫や息子などリテラシーの高い男性が妻や母親に勧めている様子がうかがえる。

 身近な人から利用者が広まっていく流れを継続させる狙いもあり、「OCN モバイル ONE」はSIMカードの追加手数料無料キャンペーンを行っている(6月30日まで)。音声SIMは1回線で最大5枚まで増やすことができ、家族に渡してデータ容量をシェアしながら使うことが可能だ(もちろん、個人で複数枚のSIMカードを使っても構わない)。

 また、MVNOのデメリットとしてよく指摘されている、キャリアメールが使えなくなることも、改めて確認しておきたい。これには、使っていたメールアドレスがなくなることや、やり取りしたメールの保存をどうするかということ以外にも問題がある。フィーチャーフォンユーザーの友だちに、自分が送ったメールが届かなくなる可能性があることだ。
 
 「OCN モバイル ONE」をはじめ、メールアドレスをユーザーに付与するMVNOはいくつかあるが、そのメールはパソコンメールとして扱われるメール。フィーチャーフォンが迷惑メール対策で「キャリアメールのみ受信」に設定していると、自分が送ったメールが届かない。MVNOに乗り換えるときは、新しいメールアドレスを友だちにしっかり伝え、自分のメールがブロックされないように設定してもらうことが必要だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。