人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.01

ヤマハが最新のバーチャル3Dサラウンド「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応したサウンドバー『YASシリーズ』を発売

ヤマハはサラウンドシステム「YASシリーズ」の新モデルとして、最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応。さらに4K・HDR映像伝送にも対応したバータイプのフロントサラウンドシステム『YAS-107』『YAS-207』の2モデルを7月下旬より発売を開始する。
『YAS-107』は本体のみ、『YAS-207』はワイヤレスサブウーハーが付属。価格はいずれもオープン価格。

YAS-107

フロントサラウンドシステム 『YAS-107』

『YAS-107』は、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても画面を遮ることなく視聴できる、高さ53mmのスリムなワンバーボディを実現。ボディのエッジ部分には丸みを持たせ、ファブリックカバーを採用したスタイリッシュなデザインも特徴の一つだ。

YAS-207

フロントサラウンドシステム 『YAS-207』

『YAS-207』は、テレビの前に手軽に置ける高さ60mmのスリムなバータイプのセンターユニットと、縦置きにして好きな場所に設置できる細身でスタイリッシュなワイヤレスサブウーハーが付属するシステム構成。いずれも同じファブリックカバーによる統一されたデザインで、センターユニットの天面はレザー調、サブウーハーの天面・片側面はサテン調に仕上げとなっている。

『YAS-107』『YAS-207』ともに、本体のボタンはタッチセンサーを装備し、軽く触れるだけで電源や音量などの操作が可能。また、Ultra HD ブルーレイ規格で規定されたHDR映像や4K/60p 4:4:4映像信号のパススルー、HDCP2.2に対応した1入力/1出力のHDMI端子を装備し、HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応している。さらに、HDMI接続中の対応テレビ・レコーダーと連動して、本機の電源オン/オフ・音量調整・入力切替などが可能なHDMIコントロール機能(リンク機能)も搭載。その他に、人の声と背景音を判別して人の声を強調し、セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」を搭載するなど、簡単にテレビの音声を臨場感あふれるサラウンドで楽しむことができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ