人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京でマイホームは買い時?不動産のプロに聞く物件選びのコツ

2017.06.29

 東京オリンピックの影響で、東京の不動産価格が上昇している……それは本当なのか? ウワサだけなのか?? 東京で家を持つ夢をかなえるためには、住宅地と中古マンション価格の動きを見極めておきたい。

 野村不動産アーバンネットは、 2017年4月1日時点の首都圏の「住宅地価格動向」と「中古マンション価格動向」の調査を発表している。 それによると、首都圏の住宅地価格、中古マンション価格ともに、全エリア平均の変動率は2013年7月調査以降、連続してプラスを維持している。


首都圏の住宅地価格と中古マンション価格変動率。2013年7月調査以降は連続してプラスを維持している。

 1-3月期の住宅地価格は、首都圏エリア平均で0.2%の変動率(前回は0.3%)。 四半期比較で値上がりを示した地点は10.1%(前回は20.9%)、横ばいが82.9%(前回は70.3%)、値下がりが7.0%(前回8.9%)で、値上がり地点と値下がり地点が減少、 横ばい地点が増加している。エリア別の平均変動率は、全エリアの上昇率が低下したもののプラスを維持した。


住宅地価格の地域別変動率と平均

 一方、1-3月期の中古マンション価格は、首都圏エリア平均で0.1%の変動率(前回は0.3%)となった。四半期比較で値上がりを示した地点が11.7%(前回は16.3%)、横ばいは81.3%(前回は70.8%)、値下がりが7.1%(前回は12.9%)となり、値上がり地点と値下がり地点が減少、横ばい地点が増加した。エリア別の平均変動率では、東京都下、神奈川以外のエリアでプラスとなっている。


中古マンション価格の地域別変動率と平均

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。