人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.29

ドコモの新料金プランとau HOMEを賢者たちがガチ評価

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はドコモの料金プランと「au HOME」について話し合います。

房野氏:ドコモが新たに、基本料が月額980円の「シンプルプラン」と、1500円がずっと割り引かれる「docomo with」という料金プランを投入しました。これについてどう思われますか?


房野氏

法林氏:シンプルプランはソフトバンクの「ホワイトプラン」と考え方は一緒だよね。


法林氏

石川氏:そうですね。ドコモは頑なに980円のプランをやっていなかったけど、「ごめん、やるわ」みたいな感じで始めたように見える。僕たちメディアは980円で騒ぎ過ぎた。よくよく考えたら、KDDIもソフトバンクも、主力商品ではなかっただけで、すでに提供している。


石川氏

石野氏:ただ、パケットプランが選べる。7GB限定じゃない。もっと安くなる可能性がある。


石野氏

石川氏:シェアパックじゃないとダメだけど。

石野氏:ドコモらしいですよ。

法林氏:ドコモは家族じゃないと嬉しくないし、1人の場合は複数回線持っていないと嬉しくない。

石野氏:ドコモはさらに守りを固めた感じがすごくします。

房野氏:長期契約ユーザーに対する還元施策だといっていますね。

石川氏:シンプルプランはそんな感じだし、docomo withに関しては、面白いといえば面白いし、うまいことやったなと思います。格安スマホ対抗としての位置付けもあるし、長期ユーザー囲い込みの意味もあるし、さらに総務省の要求に対してもきっちり応えている。端末の購入補助(月々サポート)には非常にお金を使っているので、それを節約したいこともあり、1500円割引し続けても十分ペイするという経営的な判断もある。恐らくうまく回るし、ユーザーとしても「あのプランで契約した端末を売って、SIMフリー端末にSIMを挿して使えばいいんじゃないかな」という気にさせてくれる(笑)

石野氏:朝日新聞にあったドコモの吉澤社長のインタビュー記事で、docomo withは「端末の販売と回線契約を分離するのが狙い」とあったので、将来的にはSIMフリー端末の持ち込み用プランも出るんじゃないかな。"docomo with SIMフリー用"みたいなプランが出そうな感じがする。わざわざ端末を買って中古屋さんに売るようなことをしなくてもいいようになるんじゃないかと思う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ