人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.28

中学生の4割が感じるロボットの発達による将来の就職への不安

2020年度から大学入試が新しくなることを知っているだろうか。日本人の学力低下が懸念される中、文部科学省は「生きる力を育む」を目的に、高校と大学が一体となった教育改革、高大接続改革を進めている。その着実な実現に向けて、検討・準備グループ等の会議において具体的な検討を進めており、先日、「大学入学共通テスト(仮称)」実施方針が発表された。

現在の大学入試センター試験に代わって、2020年度から新テスト「大学入試共通テスト(仮称)」が実施される予定。これは、高校段階の基礎的な学習の達成の程度を判定し、大学教育を受けるために必要な能力について把握することを目的に行なわれるとのこと。現在のセンター試験は全てマークシート形式で行なわれているが、新テストでは記述問題が追加され、より思考力・判断力・表現力が評価される内容になるようだ。

今回、パンタグラフは、電子政府による「高大接続改革の進捗状況に関する意見募集」を受け、運営する受験生応援サイト「受験のミカタ」閲覧者約250名を対象とし、文部科学省が2020年度から改訂を予定している「大学入試共通テスト(仮称)」についてのアンケート調査を実施した。

◆70%以上が現在のセンター試験に満足している

受験のミカタ閲覧ユーザーに尋ねたところ、「満足している」人は183人で全体の73.5%、「満足していない」と回答した人は47人で全体の18.9%だった。

特に、来年受験を控える高3生のうち「満足している」と回答した人は、83.8%と全学年の中で最も高い結果となった。逆に、「満足していない」と回答した人の割合が最も高かったのは大学生で31.8%だった。受験を実際に経験した大学生だからこそ不満に感じる部分があるのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ