人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleの「Android O」はiOSを超えられるか?

2017.06.27

石川氏:最初に戻ると、OSの重要性はなくなりつつあるんだろうなと。

石野氏:そうですね。Appleの「マップ」も、良くなったとはいえ、基本的にiPhoneとiPad、Macでしか使えない。ブラウザで使えるようにしようよ、と思います。

石川氏:しかも、みんな住所をコピーして、Googleマップに貼り付けて調べている。

石野氏:まだアメリカや日本では、iPhoneがスタンダードな存在なのでいいんですけど、PCのシェアは圧倒的にWindows。そこと連携できない地図サービスはつらい。iCloudフォトは一応、Windowsとも連携できますが、全体的にAppleはクラウドサービスが弱い。「.Mac(ドットマック。後のMobileMe。MobileMeはiCloudに移行)」の頃から弱いといわれていて、ずいぶん良くなったんですけど、それでもまだ弱い感じがする。

石川氏:やっぱり出身に依存する。

石野氏:Appleはメーカーですよね。

法林氏:自分たちのシナリオ通り、つまりiPhoneやiPad、MacBookを持ち歩いて、家にはMac miniが置いてあってみたいな、彼らのシナリオ通りにすべてのものがあればいいけれど、世の中そうじゃないよねということ。

石川氏:その点、Microsoftは謙虚だなと今回のBuildで感じました。「スマホはAndroid、iPhoneでいいですよ。ちゃんと連携します」という、あの諦め感。

石野氏:Windowsスマホで挽回するのは、今からだと無理ですからね。

法林氏:Windowsのスマホでシェアを取ろうとは、彼らはかけらも考えていない。

石川氏:最近のAndroid端末にはOfficeが入っていたりする。そこはしたたかだなと。

房野氏:サムスンとファーウェイの端末にプリセットされていますね。

石野氏:Microsoft StoreではGalaxy S8/S8+を売っています。

房野氏:Microsoftはそれで大丈夫なんですか。ちゃんと儲けているんですか?

石野氏:OfficeのサブスクリプションやAzureの利用料、クラウドサービスの利用料が入ります。

法林氏:もはやOSのライセンス数だけで儲けている会社じゃない。

石野氏:そもそも、Windows10はほぼ無料じゃないですか。Windowsをインストールしているメーカーからライセンス料は得ているけれど、比率としてはクラウドサービスで儲けています。

法林氏:圧倒的にAzureやクラウドサービス。

石川氏:ハードも積極的に売るようになった。メーカーから金を取れないから、自分たちで儲けるか、みたいな。

石野氏:まあ、そういうことですよね。

石川氏:先日のSurfaceの発表会を見たら、もうメーカーじゃんと。

石野氏:メーカーが縮小しちゃうんだったら、自分たちでなんとかしようという感じ。

石川氏:本気過ぎる。

石野氏:Windows 95を使っていた頃のMicrosoftとはまったく違う、別の会社ですね。

石川氏:新しいCEOになって変わったね。

......続く!

次回は、夏スマホについての会議です。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。