人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.27

高層ビルが農場に!?上海で始まった垂直農場プロジェクト「Sunqiao Shanghai」

アジアで最もダイナミックな巨大都市の1つである上海は、100ヘクタールにおよぶ世界最大の垂直農場の建設に着手しようとしている。


SASAKI

環境・景観デザイナーとして有名な日系アメリカ人アーキテクト、ヒデオ・ササキが創設したデザイン会社SASAKIが手がけるマスタープランには、緑の楽園と化した上海の驚くべき青写真が描かれている。

過去20年間で、中国は都市化のため123,000平方キロメートル以上の農地を失ってしまった。中国の環境保護省の推定によれば、残っている耕作可能な土地のうち、約6分の1(およそ20万平方キロメートル)が汚染されている。農業地帯の縮小、加速する都市化、土壌汚染に直面する上海は、いかにして2,400万人の住民の食料を確保すべきか?

垂直都市農場のアイデアは、 これらの巨大都市にまつわる問題を解決するのではなく、問題に適応しようとの発想から生まれたものだ。


SASAKI

西洋諸国では、 都市から離れた場所に大規模な企業農場が作られているが 、上海では小規模な農場が都市周辺を取り巻く景観をなしている。成長する大都市が農業資源を慎重に管理しつつ、農業の多様性を確保する方法は、歴史的にも成果を上げてきた。しかし、中国の他の都市と同様に、都市の急速な成長がこの長年にわたる制度を脅かすに至り、市内の農地は大幅に失われつつある。都市農業への新たなアプローチであるSunqiaoプロジェクトは、この枠組みを変革しようとの試みだ。

上海の国際空港と市内中心部の間に位置するSunqiao地区は、そびえ立つ超高層ビルと同様、その農場も垂直な形状をなしている。従来の農業生産の20年を経て、上海は、Sunqiaoの役割を「フードシェッド(食料供給圏=地産地消が可能な範囲にある地域)」に拡大しようと考えている。


SASAKI

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ