人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現役アスリートも納得!ボディトリマーのスゴい実力【PR】

2017.06.30PR
それでは、ここからは『ER-GK60』の機能をおさらいしておこう。

パナソニック
ボディトリマー『ER-GK60』
オープン価格


本体サイズ/幅33×高さ192×奥行き47mm、約140g (アタッチメント含まず)
使用可能時間/1回のフル充電で約40分間使用可能
防水設計/◯(IPX7基準)
水洗い/対応

さて、このカテゴリーの製品で最も気になるのは〝安心感〟ではないだろうか。デリケートゾーンであるだけに長さ処理はもちろん、刃の肌へのあたりも気になるところ。

そこでER-GK60では、ワイド&ラウンド形状の「トリマー刃」を採用。刃先がラウンド形状のため肌へのあたりがやさしく、しかも刃先の幅を広げることで、刃先が肌に食い込みにくくなっているのだ。

毛の長さに関しては、2mmに刈れる「肌ガードアタッチメント」、3mm用と6mm用の「長さそろえアタッチメント」が付属する。

「肌ガードアタッチメント」」は、肌のやわらかい部分でもやさしく手入れできるアタッチメント。「長さそろえアタッチメント」は脚や腕など、毛の刈り高さを3/6mmにカットする。アタッチメントを使えば、簡単に狙った長さに揃えることができるうえ、何よりも刃が直接、肌に触れないという安心感も得られる。ちなみにアタッチメントのなしの直刃では。ほぼ全剃りに近い0.1mmまで剃ることが可能だ。

さらにヘッドの形状がV字型になっていることにも注目だ。これは凹凸が多いデリケートエリアに配慮したもので、なかでも凹のエリアに有効なカタチといえる。安全カミソリのようなT字型ヘッドでは、入り込みにくいからだ。

本体もグリップしやすいI字シェープを採用。しかも、このフォルムであれば、部位に応じてさまざまなグリップが可能になる。たとえばデリケートゾーンなど、細かな動きが要求される場合は、ヘッドに微妙な動きが伝えやすい写真のような「指添え持ち」が有効。背後のエリアに有効な「逆手持ち」も、このフォルムなら、無理なくグリップして動かすことができる。

このように、肌あたりを考慮した「トリマー刃」などの機能に加え、ユーザー目線で操作性も追求したグルーミングアイテム。それがボディトリマー『ER-GK60』なのだ。

撮影/製品:久保田育男(製品)、岩田安史(動画)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。