人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.26

IoTでコーヒータイムが変わる!世界初の自家焙煎コーヒーサービス『The Roast』

◎国内家電メーカーの雄が挑んだ新たな開発

「最善の上にも最善がある」

 パナソニックの創業者・松下幸之助の残した言葉である。上には上があり、それを一段一段上っていくことが永遠に必要だという教えである。

 そんな松下イズムを受け継ぐような画期的なサービスがこの4月、同社から登場する。焙煎機『The Roast』はIoTを駆使、スマホを介しそれぞれの生豆にマッチした最適な焙煎を実現するサービスだ。また、専用の生豆を2〜3種類、毎月定期頒布するという画期的なアイデアが採用されている。

「我が社が得意とする調理家電はおいしい料理を調理するために様々な機能を追求してきました。そこには揺るぎのない自信があります。しかしAmazonやGoogleなどが新しいサービスを次々打ち出している中、機能を追求したハードを生み出すだけでは、近い将来必ず差別化が難しくなる。新たな付加価値のある商品・サービスが必要だという危機感もありました」(パナソニックアプライアンス社・井伊達哉さん) 

 新たな価値の創造――。その試金石として着目したのが、市場が急拡大しているコーヒー市場の製品だった。プロジェクトチームが結成され新製品へのリサーチが始まると、程なく、「コーヒー好き」は単にそのおいしさを味わうだけではなく、豆選びや焙煎する手間暇を楽しむということ、またそのおいしさも焙煎で9割が決まるということがわかった。自家焙煎機を作れないだろうか。見渡せば、その市場に参入する家電メーカーはほぼ皆無。チャンスはある。

●定期頒布で世界中のコーヒーが楽しめる

パナソニック『The Roast』スマート焙煎機

パナソニック『The Roast』スマート焙煎機 10万円
生豆バック 3種セット5500円 2種セット3800円

家庭用焙煎機と専用生豆の定期頒布、焙煎プロファイルの3セットによるサービス。

1 2 3 4

5 6 7 8

(1)生豆は2種、もしくは3種が毎月定期頒布。(2)届いた生豆のパッケージ上のQRコードをスマホで読み込み焙煎方法のデータを取得。(3)取得した焙煎方法を『The Roast』に転送。(4)スマホ画面の指示に従い、本体に生豆を投入。(5)焙煎中、スマホでコーヒーに関わる詳しい情報や(6)進捗状況が楽しめる。(7)焙煎し終わった豆はガラスケースの中へ入る。(8)約15分で焙煎終了。焙煎後、濃い色の豆(右)になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ